近年「クラウド」と言う言葉を耳にする機会が増えてきている感じがします。
「クラウド録画を利用するとどこからでも録画した番組が見られます。」
「クラウド上にデータが保存されているのでどこからでもデータにアクセスする事が出来ます。」
と言う様な感じです。
この「クラウド」は英語にすると「cloud」、日本語では「雲」を指す言葉となっています。
よくクラウドを画像で表す際、パソコンとスマホの図が有り、その上に雲の図が有り、パソコンから雲の図に向かって線が引かれている様な三角形の図で表記される事が多いです。
ネットワーク環境上の仮想空間を雲で表現し、その雲にパソコンやネットワークカメラでクラウド録画された映像やデータが保存され、スマホ等の媒体から雲の中にある映像やデータを検索して閲覧すると言う様な意味を表現しています。
クラウドを表す際、雲の図を使っているのは、仮想空間と言う物が何となく曖昧でモヤモヤした感じなので、そのモヤモヤ感を示す図として適当だったのではないかと言う見方がある様です。
クラウドはインターネット上にあるサーバーに対して映像やデータを保存出来ると言うサービスの事を指しています。
インターネット上に映像やデータが保存されるので、自宅のパソコンが無くてもインターネット環境が使える媒体さえ有ればどこからでもこの映像やデータを閲覧できると言う様な仕組みなのです。
その為、個人の利用だけでなく、友人や会社関係の方達とデータを直ぐに共有する事が可能となるのです。

防犯対策をする際、ネットワークカメラを利用しようと思う方も多いと思います。
この際、撮影された映像はクラウド録画される事になります。
クラウド録画された映像はネットワーク環境を使える媒体なら、何からでも見る事が出来る為、とても便利に利用する事が出来ます。
そこでここではこの様な便利な使い方が出来るクラウドについてメリットを挙げてみたいと思います。
先ずクラウドを利用する際のメリットとして、「ソフトウェアを購入する必要が無い」と言うメリットが有ります。
クラウド上に有るハードウェアやソフトウェアを利用する事が出来ますので、初期費用をかける事もなく、アップデートにも費用をかける事無く利用する事が可能となります。
次に仕事上で利用する際、「アプリケーション導入に際して時間と費用を抑える事が出来る」と言うメリットが有ります。
業務上でクラウドを利用する際、アプリケーションを構築しなくてはならず、それを行うには時間も結構かかります。
クラウドサービスを利用する事でこうしたアプリケーションの構築や整備を自動的に行ってくれますので、時間をかけずに済みます。
またアプリケーションを構築する際、費用がかかる事も有りますが、メンテナンスにかかる費用のみ支払っていれば大丈夫と言うサービスが多いですので、比較的低額で利用する事が可能となると言うメリットが有ります。
個人で利用する際、「どこからでもソフトウェアが使えてどこからでもデータにアクセスできる」と言うメリットが有ります。
これによっていつどこからでも同じ情報を共有する事が可能となります。

「クラウド録画」とはクラウドサービスを提供している事業者の仮想空間にネットワークを介して映像を録画保存しておく事を指しています。
ネットワーク環境が有る所であればどこからでも閲覧する事が出来る為、とても便利なサービスであると言えます。
しかしこのクラウド録画、防犯目的で使用する事もあるでしょうが、内容によってはプライバシーの侵害に関わる可能性も有ります。
またクラウドサービスを提供している事業者のセキュリティがしっかりしていないと個人情報の流出にも繋がってきてしまいます。
そうならない様にする為にも、クラウド録画を利用する場合、クラウドサービスを提供している事業者を選ぶ際にはしっかりと見極める事が必要になるのです。
利用者側はあまり意識しない事だと思いますが、インフラ整備がしっかりされているか、ウィルス対策がしっかりされているか等、事業者を決める場合には見極めポイントを持っておく必要が有ります。
更にサービスを提供している事業者のセキュリティポリシーをしっかりと確認しておく必要も有ります。
また万が一システムに障害が起きた際、預けているデータや映像がどうなるか、バックアップしてあるのかどうかと言うのも大きなポイントとなると思います。
こうした事を調べたとしても、事業者が何らかの理由で事業継続出来なくなる事が有りますし、データが何らかの理由で急に消えて無くなってしまう事も考えられます。
事業者側にセキュリティを全て委ねるのではなく、自分でもバックアップを取っておく等、セキュリティ面に関してはしっかりとしておく事がとても大切なのです。

今の防犯対策上の主流となりつつあるのは、ネットワークカメラを利用したクラウド録画と言うシステムになります。
これはネットワークカメラを使って撮影した画像をWeb上にあるサーバー内に動画として保存をすると言うシステムになります。
メリットとしてはネットワーク環境が利用できる端末さえあれば、どこからでもクラウド録画された動画を確認できると言う点になります。
デメリットとしては、インターネットを介して動画を録画すると言う事になりますので、セキュリティ面で個人情報の漏えい問題に少し疑問が残ると言う点が挙げられると思います。
こうしたデメリット面もどんどん改良され、今後はクラウド録画の需要もますます増えてくるのではないかと予想されます。
そんな防犯対策ですが、昔はカメラが設置してある場所に録画装置が一緒に置かれ、その中にビデオテープで動画を保存すると言う物でした。
その場で直ぐに見れると言うメリットは有りますが、ビデオテープの録画時間に限りがあり、直ぐにテープを変えなくてはいけない、録画画質を落とすと録画時間は増えますが画質的に低下してしまう等と言うデメリットが有りました。
次に登場してきたのはSDカード内に画像を保存すると言う方法です。
ビデオの様な録画装置が無くても、カメラ自体にSDカードを差し込む口が有れば利用できると言う点、長時間の録画が可能と言う点、媒体が手に入りやすいと言うメリットが有りました。
対してSDカードがいついっぱいになったか一目で分かりにくい、SDカードの画像を見る際、パソコン等の他の媒体で見る必要が有ると言うデメリットが有りました。
この様に防犯対策における録画機能は年々進化してきているのがお分かり頂けると思います。

近年、クラウドと言う言葉が登場しています。
Web上にデータや画像を保存でき、それを遠隔地からでも見る事が出来ると言うとても便利なサービスです。
しかしこうしたクラウド録画等のサービスは、手軽に出来ると言うメリットが有る分、その保存したデータや画像を手軽に扱うのではなく、その重要性についてはしっかりと考える必要が有ると思うのです。
特にスマートフォンが登場してからクラウドサービスはより身近な物となってきています。
そしてそのサービスを使う事自体は無料となっていて、登録自体も簡単に出来る様になっています。
こうした手軽さが情報の重要性に関して安易に考えてしまうのかもしれません。
では、ここでクラウド録画等、クラウドサービスを使う事に関する注意点を挙げてみたいと思います。
特にスマートフォン等を利用したクラウドサービスについては個人を対象としたサービスになると思うのですが、このサービスでとても危ないと思って欲しいのは、サービスを利用する際の「パスワード」です。
クラウドサービスを利用する為に必要なのは、アカウントとパスワードだけになります。
この2つの組み合わせでサービスを利用する事が出来るのですが、アカウントはGmail等のフリーメールである事が多いのが現状です。
こうした場合、万が一パスワードが漏えいしてしまったらそこに預けてある情報が簡単に漏えいしてしまうと言う事に繋がってしまいます。
そのデータが重要であればあるほど、悪用率も高くなってしまうのです。
ですから、万が一パスワードが漏えいして情報が漏えいしても困らない様に、クラウドサービスに預ける情報を吟味する必要が有るのです。

現在、インターネットを使う事が当たり前の世の中になっています。
その中で様々な便利なサービスが登場しています。
クラウドサービスもその便利なサービスの1つとなっています。
防犯対策としてのクラウド録画、友達と動画を共有する為のクラウド録画、仕事上での資料の共有と言う様に色んな使い方が出来る様になっています。
そうした中、クラウドサービスを利用する場合にはセキュリティ面とコンプライアンス面とこの2つに関しては特に重要視しなくてはいけません。
コンプライアンスに関しては個人で利用すると言うよりは、企業で利用すると言う所に着目されますが、データが万が一漏えいした場合は客先の信用も無くなり、会社全体の信用も無くなる可能性になる事を考えておかなくてはいけません。
また個人に関しても同様で、万が一データが悪用されてしまった場合には友達を無くしてしまう危険性が有る事も注意しておかなくてはいけません。
その為、こうした危険を回避する為にしっかりとしたサービス会社と契約する必要が有るのです。
こうした中、万が一データが盗まれて漏えいしてしまった場合、Web上に公開されてしまう危険性が有ります。
一度Web上に公開されてしまうと大元の情報を削除しただけでは完全には消えません。
こちら側が対策として削除をする前に、誰かがWeb上でコピーをして新たにWeb上に公開してしまうと言う事も充分に有り得るからです。
その情報が重要であればあるほどその損失は計り知れません。
そうなら無い為にも、データが漏えいした場合の対策もしっかりと考えておかなくてはいけないのです。

昨今話題のクラウドサービス。
どの様な事が出来るのか実際に分からないと言う方も多いのではないでしょうか。
そこで、クラウドサービスでどの様な事が出来るのか簡単に挙げてみたいと思います。
例えば「テレビ番組の録画」が有ります。
クラウド録画と言う事になるのですが、家のテレビの録画機器をインターネットに繋げておきます。
テレビで録画されたをその録画機器に保存します。
そのクラウド録画された番組を家のテレビで見るのはもちろんの事、スマートフォンやタブレットを利用する事でネットワーク回線を介して外でも見る事が出来る様になります。
また、ネットワークカメラを利用して家の中のペットの様子や家の外の防犯対策としてクラウド録画をします。
そうする事で家の外からでも家の中のペットの様子を見る事が出来て、安心して外出する事が出来ますし、防犯対策としても監視をする事が出来る様になります。
次に仕事の資料を持ち運ばなくても、外でパソコンからアクセスする事で簡単に資料の共有・編集が出来る様になり、仕事の効率も良くなります。
また、皆で遊んだ時に映した動画を直ぐに友達同士で共有する場合、クラウドサービスを利用する事で直ぐに全員に配布する事が出来る様になります。
この様にクラウドサービスでは多くの情報を共有する事が可能なサービスとなっていて、データを一次元管理する事が可能です。
便利な分、デメリットも有りますが、メリット・デメリットをよく吟味した上で利用する様にしましょう。

とても便利なクラウドサービス。
防犯対策として画像をクラウド録画したり、家で作成したデータを外でも共有したいと思ってデータを保存したりととても便利なサービスです。
しかし手軽に使える分、注意して使わないととても困る事になってしまいます。
そこでここではクラウドサービスに保存する情報についての注意点を挙げてみたいと思います。
個人用のクラウドサービスを利用する場合は特に考えなくてはいけない事ですが、個人向けのクラウドサービスは万能ではないと言う事を覚えておかなくてはいけません。
万能ではないと言う事についてですが、特に安全性に関しては万能ではないと言う事になります。
安全性が万能ではないと言う事は、セキュリティ方法によっては情報自体が流出してしまう可能性が有ると言う事に繋がります。
本来はクラウドサービスの安全性が高まるのが一番良いのですが、今すぐには対応するのは難しいと言う事なので、利用する側がクラウドサービスに保存するデータいついてしっかりと考えて保存sる必要が有るのです。
例えば自分しか映っていない写真、風景の写真、当たり障りが無い様なブログの記事等、特に誰かに見られても大丈夫と言う様な内容の物を保存した場合は、万が一漏えいしたとしてもそこまで大きな痛手にはならないと思います。
しかし住所録など、住所や電話番号、名前等の個人情報が記載してある様なデータ、クラウド録画にて友達複数人と遊んだ時の動画等、個人情報が満載のデータを保存した場合は個人情報漏えいだけに留まらず、最悪の場合は事件性に発展してしまうかもしれませんので注意が必要んいなります。
この様に、クラウドサービスを利用する際は保存するデータについてはしっかりと見極めた上で、利用する様にしなくてはいけないのです。

ネットワークカメラを使用する際、場合によってある一定の法律が決められています。
これはネットワークの機能による物で、ネットワークカメラは映像や音声を記録媒体に残す事に由来しています。
この映像や音声の利用目的に法律が絡んでくるのです。
例えば映像や音声を監視目的に使う場合、事前にネットワークカメラを使用する為の免許や公的機関への事前登録が必要になります。
また監視目的に使う場合、現在監視している事を示す為の標識を出す必要が有りますし、プライバシーに関する問題ですので、記録した映像や音声の保存期間を守る必要が有ります。
これはプライベートと言うよりは、公共の場所でネットワークカメラを使用する際の法律になります。
プライベートで自宅でネットワークカメラを使用する場合、監視目的の場合は少なく、防犯対策やペットの見守りと言う目的の場合が多いですので、法律が絡む可能性は低くなります。
だからと言ってプライベートで使用するネットワークカメラでは一切法律が絡まないのかと言うとその限りでは有りませんので、ネットワークカメラを使用する際には事前に法律を確認して、免許や登録が必要な場合は所定の手続きを済ませ、きちんとした形でネットワークカメラを使用する必要が有るのです。
ネットワークカメラは一歩間違えるとプライバシーの侵害に関わり、法的手段に訴えられても仕方がないと言う状況になりますので、法律やマナーを良く守って使用する様にしましょう。

ネットワークカメラを利用して防犯対策を施す場合、撮影した映像や音声をクラウド録画して保存・管理している場合が多いです。
クラウドサービスにおいてはクラウド録画によるデータ保存だけでなく様々なソフトウェアを利用する事も可能です。
この様にクラウドサービスを利用すると様々なメリットが有るのですが、対してデメリットも当然出てきます。
そこでここではクラウドサービスを利用する事で生じるであろうデメリットを挙げてみたいと思います。
先ずは「サービスを提供している企業側の状況に左右されやすい」と言うデメリットが有ります。
例えば利用側のパソコンやスマホに何の問題も無くても、クラウド側のサーバーに障害が生じた場合、クラウドサービスを利用できなくなり、データの閲覧・編集が出来なくなったり、ソフトウェア類の利用も出来なくなってしまいます。
更にサービス自体の提供がストップした場合、新たなクラウドサービスを提供している企業を探す等しなくてはならない為、サービス提供側の状況に左右されやすいと言うデメリットが発生します。
次に「セキュリティ面に不安が残る」と言うデメリットが有ります。
クラウドサービスはインターネットを経由して行われるサービスの為、個人情報の流出や機密情報の流出の不安がどうしても残ってしまいます。
企業側もセキュリティ面には強化していると思いますが、その中でも信頼できるクラウドサービスを利用する等、事前に調べてから利用する様にしましょう。

月別アーカイブ

DESIGNED BY